薬草風呂 | 丸山鉱泉旅館
丸山鉱泉旅館

館内のご案内

薬草風呂

お料理

交通のご案内

薬草風呂 古くより伝え継がれた薬草の数々が体にやさしく語りかけています

お風呂 花悦の湯

露天風呂露天風呂内湯

お風呂 花悦の湯

自然の薬草を鉱泉で煮出した薬草風呂。ほんのり香る薬草の香りと淡い褐色のお湯で心身共にリフレッシュ。日帰り入浴もできます。

元祖薬草風呂とは

古くから語り継がれております薬草の中でも、特に香りがよく体にやさしい薬草を使用しております。秩父の山で育った薬草を利用した薬草風呂は、ご婦人方の美容に最適です。

秩父の山で育った薬草

薬草風呂の作り方 薬草風呂の作り方 薬草風呂の作り方

薬草風呂の作り方

自然の薬草

秩父山中で採った薬草のみを使用。

薬草の自然乾燥

採った薬草を自然乾燥させます。

布袋に詰める

大きな布袋に詰めます。

よく煮出す

高温タンクでよく煮出します。煮出した薬草エキスは濃厚な褐色。

薬草エキスを浴槽に送る

薬草エキスを浴槽に送るとお湯は透明感のある淡い褐色に。

薬草図説

「花悦の湯」の薬草風呂に使う十余種類の薬草のうちの代表四種を紹介します。

ドクダミ

ドクダミ

昔から有名な薬草、浴用で腰痛に効果絶大の他、 いろいろな効能がある。

ヨモギ

ヨモギ

お灸に使うあの「モグサ」がこれ。香りが良く湯冷めをふせぎ万病に効く。薬草の王様的存在。

ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

古くから有名な消化器系の妙薬、浴用にすると健胃によいといわれています。

マツフジ・マツブサ

マツフジ・マツブサ

丸山の湯の主体薬草です 。香りの浴剤として古くから珍重されてきました。

鉱泉分析データ

(1) 1000ml中の蒸発残容量 0.039g

(2) 残存含鉱物イオン(1000ml)中
Ca+(カルシウムイオン)350ppm
Mg2+(マグネシウムイオン)174ppm
Na+(ナトリウムイオン)30ppm
K+(カリウムイオン)30ppm
Mn+(マンガンイオン)微量
Fe2+Fe3+(鉄イオン)微量
(測定不能ではあるが含有している)
※Se(セレンガス)発生確認
(測定不能ではあるが含有している)

(3) Total…69ppm含有している為普通水の約3倍以上のイオン量を含有している為、鉱泉水でもかなり温泉水に近いことが言える。
備考分析者: 埼玉大学「理学博士 矢島敏彦教授
大手開発KK(主任技官) 梶間幹雄

お問い合わせ・ご予約